三井物産から配当金を頂きました!!

日本株

2016年6月は、三井物産から200株×32円=6,400円をいただきました。三井物産はNISAを利用しているため、配当所得税が引かれることなくすべてが収入となります。そう考えると20.315%の税金って高すぎると思います。

配当利回りは年間の配当金収入から算出すると4.2%でした。しかし、今季は年間配当予想が1株50円ということで配当利回りは3.3%と悪化予定ですが辛抱強くホールドしたいと思います。

2016年度3月期決算は原油価格の下落に伴い、資源銘柄と言われている三井物産には大きな逆風となりました。三菱商事、三井物産ともに創業以来初めての赤字という結果でしたが今まで赤字になったことがないということ自体が企業としてとても優秀であると思います。

今回は資産評価の見直しによる減損処理を行ったことが大きな原因であり、キャッシュが飛んでしまったわけではないので安心してもいいのかなと思ってます。

さて、今期は非資源に注力していくということで独り勝ちだった伊藤忠商事を追いかける存在になってほしいのですが、資源で稼いでいた三井物産が非資源だけでどれだけ大きく利益を積み上げることができるのか楽しみでもあります。

ちなみに商社は業務内容が分かりにくいということで、巷では外国人投資家にあまり人気がないと聞きました。いろいろな事業に手を出しているため業態がわからないということが理由らしいのですが…IRを見ていても海外の案件に出資、会社の買収など儲かりそうな事業には商社が絡んでいることが多い気がします。

それだけ選球眼も持ち合わせていて前期を除いて今まで赤字にならず続けてこれたわけですし、業績が悪くても配当金が支払われるなど株主を重視した施策も好感が持てます。

と悠長にに構えておりましたが、今日のイギリスの投票結果に驚きおののきました。まさかのEU離脱派が勝ってしまうという事態です。

株価は1,286円の急直下に下落しました。円高も進み商社株には厳しい状況ですが長期投資なのでのんびり構えていきたいと思います。円高なら逆に海外で買収するチャンスですしぜひともがんばって欲しいです。

しかし、今回のEU離脱が大きな波となって景気後退ということになるのか…もっとキャッシュポジションを大きくとっておけばよかったなんて思ってません。キャピタルゲインよりもインカムゲイン重視の方針で行きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本株
スポンサーリンク
noriをフォローする
Kabuで配当金を稼ぐ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました