ロシア株は魅力的な新興市場なのか!!

その他

日本株に投資するようになって10年ほどが経ちますが、これだけ日本株が上昇してしまうと魅力的な投資銘柄が減っていると思ってしまう投資家は多いのではないかと思います。

そんな私も日経平均8,000円とか叩き売りに合っていた頃は、本当に割安な銘柄がゴロゴロしていて今の日本株が割高に思えてしょうがないというのが本音です。配当金を目的のインカムゲインを主軸とした投資戦略をしていても購入価格が割高だと、下値不安は大きいですしキャピタルゲインも重要な要素となるのでなおさら高値に感じてしまいます。

そんな魅力的な日本株を見つけにくい中で、新興市場にも目を向けてみようと始めたのがきっかけですが現在ではネット証券会社を通じて中国、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア、シンガポールなどの株式市場に手軽に投資できる環境になりました。

多くの新興市場に投資できる環境の中でなぜロシア株…

経済制裁、原油価格の暴落、リセッションとロシア株の悲観的な情報が多く出回っていたことが投資の決め手になりました。

例えばリーマンショック後の2008年~2012年は日経平均が8,000円台と今では考えられないほど割安だった頃の日本株式市場も悲観的な情報が多く、海外の投資家に敬遠された市場でした。

円高、景気後退、民主党政権と本当に日本株はいつまで低迷しているのだろうと思っていました。しかし、あの時に投資資金を多く投下した投資家の多くは今ではかなりの資産を築くことができたのはないかと思います。

いま、同じ環境がロシア株であり敬遠されているからこそ投資機会としては最高だと思い、2015年から始めたロシア株ですが想定通りに60万円の投資資金が今では120万と60万円の含み益になっています。さらに、配当金もしっかり入ってくるので配当金戦略という点でも理にかなっており、安心して保有することができています。

現在、ネット証券を通じてロシア株を購入できるのはSBI証券だけですが約32銘柄を購入することができます。アメリカの株式市場を通してADR(米国預託証券)でも購入することはできますが銘柄数を考えるとSBI証券を通してロシア株を購入するほうが選択肢が広がります。

日本株のほうが馴染みがある企業も多く、情報も多いので投資しやすいと思いますがキャピタルゲイン、インカムゲインの両方を狙いたいのであればロシア株はとても魅力的な新興市場ではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他 ロシア株
スポンサーリンク
noriをフォローする
Kabuで配当金を稼ぐ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました