太陽光発電って儲かるの?

その他

太陽光発電投資をやってみたい!!

東日本大震災での原発事故、本当に忘れられない事故でした。原発は安全だって思ってましたし日本の技術の安全神話に騙された感じがしましたよ。それを機に、再生可能エネルギーにスポットが当たって太陽光発電に関する投資が流行しました。『メガソーラー』というやつです。

広い土地にソーラーパネルを並べて、電力会社と契約した価格で買い取りしてもらうというスキームですけど…買取価格が決められているというのはやっぱり強みだと思います。何せよ収入がある程度読めますし、アパート経営とかに比べると住人の退去リスクとかもないわけですから、他の不動産投資に比べると安全なのかなって思います。

ただ、やっぱり金額がでかい!!

1,000万円~数千万円も用意できませんよ。もちろん銀行からの借入をして、自分の自己資金を入れてってなると思うんですけどそれでもって想定利回りが8~10%くらい。太陽光発電投資のポータルサイトの情報をもとに計算しているのでもっといい案件であれば利回りもいいと思うんですけど…

ただ自分の近辺で投資をしようと思うと、千葉県あたりにしか広大でソーラーパネルを並べられる土地なんてないと思ってます。しかも借入金の利息、ソーラーパネル関連の管理費、保険代、草むしり…etc

投資にかかる費用を考えると、想定利回りがもっと高くないとやってられませんか?

さらに雨の日が続いたら確実に発狂しちゃいます。

株式投資のように太陽光発電投資ができる!!

海外では以前からインフラファンドというカテゴリーがあって、橋、刑務所、空港など国が管理していたものを民間に委託して運営しているケースが多いらしいです。

日本でも空港の運営を民間業者に委託するケースも出てきたりしているし、国が運営するよりも民間が運営したほうがサービス面だったり利用者にとってもメリットが大きいのでしょうね。

そして、日本でもインフラ投資を加速させようと2016年6月にインフラファンドとして初めて、タカラレーベンインフラ投資法人が上場しました。

これが、太陽光発電投資を行っているファンドです。なので証券会社を通して太陽光発電投資ができます!!

しかも…分配金利回りが7%超えてます。(※2017年9/29の株価から算出)

現在、その他にもいちごグリーンインフラ投資法人、日本再生エネルギーインフラ投資法人など3社が上場しています。

インフラファンドは、J-REITと同じようにインフラから得た収益を投資家に還元するという点では同じです。企業が土地・ソーラーパネル設置してファンドに売却する→ファンドが証券会社を通して証券化して一般の投資家に売却というスキームも変わりないと思います。

大きな相違点は利益に対する法人税を20年間非課税という点になると思います。この20年という時限があるので20年後、法人税の免除が終わってからがファンドから支払われる分配金に大きく影響するのかなって思ってます。

それにしても、分配金の利回りの高さにすごく惹かれてしまうのは私だけではないと思います。

そして太陽光発電に興味ありますし・・・

インフラファンド投資のデメリット、メリットを考えてみる

いきなりネガティブな話しですけど、インフラファンドに投資した場合のデメリットってなんでしょう?

・固定の買取価格で分配金が増えにくい

・インフレに追いつかないかも

・契約していた電力会社が倒産するかも

 

逆にメリット(推測)を考えてみます。

・ソーラーパネルの技術が進歩して発電量がアップするかもしれない→分配金アップかも

・20年間の非課税からさらに延長するかも

・不況下でも高い分配金利回りを維持できそう

 

少しファージーな表現ですいません…それ以外にもメリット・デメリットなんて考え始めたらキリがなさそうなのでこれくらいにしておきます。

それにしても分配金の利回りが高いので7%を維持できるようであれば、株価がかわらなくても分配金再投資を行えば10年で2倍になりますからおいしい投資先なのかなって思ってます。

むしろ何でこんなに安値で放置されているのか少しわからなくて、まだ投資に踏み切れていません。

もっとしらないリスクが潜んでいるのでしょうか?

知りたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他 日本株
スポンサーリンク
noriをフォローする
Kabuで配当金を稼ぐ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました