安心できる老後を目指す方法

その他
1億円の現金と年間400万円の不労所得ならどっちを選ぶ?

さて、皆さんならどちらを選びますか?

1億円の現金と選ぶ人もいれば、400万円の不労所得を選ぶ人もいますよね。

どちらがいいというわけではないですけど、自分なら年間400万円の不労所得を選びます。

なぜって?

1億円の現金があっても使ってしまえばなくなりますもん。

年間400万円の不労所得はずっとですよ。

いくらあったら安心かな?

妻がいってました。

『いくらあったら安心かな?』

『1,000万?あればあるほど安心だよね!!』

恐らく、いくらあっても安心しないだろうなって思いました。

もちろん10億、100億とかあれば話は違ってきますけど、平均的な世帯年収では難しい話です。

ましてや、雇われの身でそこまで稼げる人なんてほとんどいないですよね。

じゃあ安心できる金額っていくらだろうって考えると…

そのお金でどれだけ生きられるか?ということがポイントになってくるのかなって思います。

1,500万円の貯金がある人で年間300万円を使う人であれば5年間は安心ですよね?

3,000万円なら10年は生活できる。

けれども預貯金を切り崩しながらの生活は、いつか資金が底をついてしまいます。

あたりまえですけど!!

貯金をするよりも収入を増やすことが大切

日本人は貯蓄好きですよね!!

これって日本人の教育がそうさせているのかなって思います。

貯蓄が悪いわけではないですけど、普通のサラリーマンが貯蓄をしても安心した老後を過ごすためにはどれだけ切り詰めて生活をしなければいけないのか?

本業の仕事を頑張ることは大切ですけど、もっと自分の収入を増やそうと思ったら自分で収入が得られる仕組みを作るしかないと思います。

最近では、『副業解禁』の流れになってきていますけど認められていない企業も多くあります。

自分の会社もそうです。

そりゃ本業に支障が出かねないと思うと、どの会社だって認めたくないでしょう。

同業の仕事であれば、情報漏えいの心配もありますし雇っている側としてはリスクばかりが目に行きがちです。

ただ、国としては自分の将来のお金のことは自分でなんとかしてね!!

という意味で副業解禁という流れになっていると思ってますから、やっぱり国は将来を保障してくれないんだなって思ってます。

もちろん、会社が自分の将来を保障してくれるわけでもない。

副業といっても不労所得が一番

副業って考えるとすぐに思いつくのがアルバイト?

いやいや、今の仕事をしながらアルバイトってもう体を酷使しすぎです。

副業といっても『労働=対価』という考えはやめて、自分の不労所得の源泉を作りましょう。

労働は自分が働かないと収入が得られません。

自分が働かなくても収入が入る仕組み。

自分は株式投資が不労所得となってます。

年間30万円くらいの収入となってるので月2.5万円の収入です。

時給1,000円のアルバイトをしてたら25時間の労働が必要です。

1日に5時間のアルバイトを5日間もしないと稼げません。

お休みの日に5時間、仕事の後だともっと非現実的な時間ですよね。

だからこそ、不労所得を作ることが一番大切なのかなって思います。

株式投資じゃなくてもいいです。

自分が働かなくても収入が途絶えない仕組みが大切なんです!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
noriをフォローする
Kabuで配当金を稼ぐ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました