日本は成長していないという事実!!

その他
海外との経済格差はなくなってきている
今年の夏休みは3泊4日で北海道に旅行に行ってきました。
おいしい食べ物に素晴らしい自然がいっぱいで、本当に素晴らしいなって思いました。
それにしても、北海道のどこに行っても海外の観光客が多くて日本は外国人旅行客が増えたなって印象があります。
それは、京都に行った時も一緒。
ヨーロッパに行った時も中国人が多くて、中国人はレストランの中心席で盛大な食事会。
日本人のツアー客は隅っこで食事をしたのを覚えています。
日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2018 年の訪日外客数は、前年比 8.7%増の 3,119 万人で、JNTO が統計を取り始めた 1964 年 以降、過去最高らしいです。
日本が経済大国でアメリカ、中国に次ぐ第3位を死守していると信じられていますが、1人あたりのGDPを見てみると26位
人口の多さでカバーしているだけです。
全然、1人あたりが稼ぐ額は少ないです。
しかもGDPが横ばいということは、成長してないということですよね。
人口減っているし。
同じ仕事を毎日続けるだけでは経済は成長していないわけだから、給料も増えるわけないですよね。
車を買わない若者が増えたという真実
『今の若者は車を買わなくなった』『興味が違うものに』なんて語られていますけど、正しくは買えなくなったが正解だと思ってます。
昔に比べて車って高くなったな~って思いませんか?
『軽自動車が昔の普通車と同じ額じゃん』って日本車もどんどん高くなってもう普通の庶民には手の届かない代物になってきています。
それだけ外国と日本を比べて、先進国との所得格差が広がってきているというのが実感です。
発展途上国と言われている国との差も縮小してきていますよね。
海外ではトヨタの車が売れていて、買える人が多くいるということ。
…値段が高くても。
海外だけべらぼうに値段を安くしてるわけないですし、逆に日本での販売価格を高く設定しているわけではないので、それだけ日本人の購買力が低下してきていると言えるのではないでしょうか?
トヨタ、日産、ホンダみたいなグローバル企業にとって日本の市場シェアの低さからおいしい市場ではなくある程度、見切りをつけているなっていうのは感じます。
稼ぐ力をつけていく
10月から消費税増税になってさらに一般の人にとって重くのしかかる増税ですけど、それに負けないようにするためには収入を増やすしか方法はありません。
会社で働いてがんばる事は大切ですけど、もっと収入につながるように時間を使っていくことも大切でよね。
自分は、株式投資とブログ運営からの収入アップを目指しています。
時間はかかるし、本業をがんばりながらなのでゆっくりではありますけど。
早くアーリーリタイアして自由な時間を持てるようになりたいな。
これからも目標を立ててがんばりたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました