老後に備えた資産形成~どのくらいのお金が必要?

その他
ねんきん定期便が来て驚いたよ

老後に必要なお金ってどれくらいだろうって誰でも心配になりますよね。

え~私も心配してます。

なぜって?

先日、『ねんきん定期便』のお便りが来ました。中身を確認して驚きましたよ。

今、自分が年間にもらえる年金額(年額)がなんと471,944円。

月に39,328円

自分のお小遣い並みじゃね~か。

今の年齢が35歳ですけど20歳から払い続けてこれっぽっちしか貰えないなんてもう生きていけないし、人生100年なんて生き地獄じゃないかと思う次第です。

まあ、100歳まで生きていられるわけがないと思いますけど、人生何があるかわからないですからね。

じゃあどれくらいの生活資金が必要かって考えるとやっぱり月25万円は欲しい。

年間で300万円。

老後くらい旅行したり、趣味にお金を掛けたり楽しく過ごしたいじゃないですか。

だけどこのままだと、多くの日本人は老後の貧困層が生まれるのではないかと思います。

老後は意外とお金がかかる

仕事を引退したら生活を引き締めてほそぼそと暮せば大丈夫!!

死ぬまで働くよ!!

そんな意見もありますけど、老後って意外と現役時代よりもお金がかかると思ってます。

死ぬ直前まで働くことができれば幸せですけど、病気で仕事ができなくなったらそこで収入はストップします。

けっこう現役世代でもある話しです。

今の日本は医療制度が充実してて、高齢者の多くは1割負担でかなり高待遇な医療を享受することができます。

いや~日本人に生まれてよかった。なんて思ってたらマズイですよ。

1割負担のままでは、日本の財政を逼迫してしまってやっていけないのは明らかですから。

じゃあもっと負担額を増やそうってなった時に、どうなるか?

生きるも死ぬもお金次第という未来がやってくるかもしれませんよね。

やっぱりお金は必要。

よく言われる老後に必要なお金ってどれくらいって考えると本当にどれくらい必要なのか考えてみました。

自分が必要な老後資金は7,500万円

自分が必要な老後資金は7,500万円と考えます。

なぜ7,500万円なのか…

だいたい7,500万円あれば年間300万円を投資から稼ぐことができると思うからです。

7,500万円で4%の高配当株を維持していければ年間300万円の収入が得られます。

まあこれも机上の空論ですけどね。

とにかく、自分が働かなくても収入を生む資産を作っていかなくてはと思う次第です。

生きていくって大変ですよね…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
noriをフォローする
Kabuで配当金を稼ぐ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました