コンフォリア・レジデンシャル投資法人について

J-REIT

コンフォリア・レジデンシャル投資法人の特徴について

tmp-fqGbp

コンフォリア・レジデンシャル投資法人(証券コード:3282)は、東急不動産が出資する東急不動産コンフォリア投信が運営する住居特化型の投資法人になります。

東急不動産がプロデュースした都市型高級賃貸マンション「コンフォリア」シリーズを資産取得、運営しています。ポートフォリオの90%以上を東京23区で構成されており、アベノミクスによる資産価値の上昇の恩恵も大きいのではないかと思います。

東急不動産というスポンサーがついている点は、信用力においても安心できます。信用力が高ければ不景気の時にでも銀行からの借り換えの問題、金利についても低く借入することができるので分配金の上昇につなかがります。

巡航の分配金も4100円以上を目標としており、公募増資をしながら資産の拡大を行っています。住居特化型の投資法人の多くは分配金も安定しており、景気の波に左右されにくいというメリットが挙げられますが景気が良い時にでも賃料アップが難しいため分配金の大きな上昇は見込みにくいと思います。

単位第7期第8期第9期第10期第11期
決算年月2014年2014年2015年2015年2016年
1月7月1月7月1月
営業収益(百万円)2,6734,0174,1034,9525,050
営業利益(百万円)1,4272,1052,1312,5352,603
経常利益(百万円)1,1331,7191,7302,0872,148
当期純利益(百万円)1,1321,7181,7292,0862,147
総資産額(百万円)80,354125,866132,857158,962159,245
純資産額(百万円)35,12758,62958,62977,31077,369
1口当たり純資産額(円)521,474145,609145,610163,169163,295
1口当たり分配金額(円)4,2034,2684,2964,4034,339

営業利益も上昇傾向にあり、分配金も安定しています。安定した分配金という点は長期投資において重要なファクターであると思いますので、うまく組み入れると安定したポートフォリオが作れるのではないかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました