大和ハウスリート投資法人について

J-REIT

大和ハウスリートの特徴

大和ハウスリート(証券コード:3263)は、大和ハウスリートマネジメントが運営する投資法人になります。J-REITもリーマンショックから立ち直り始めた頃の2012年11月に東証1部に上場しました。大和ハウスといえば住宅メーカのイメージが強いと思いますが物流施設と商業施設を投資対象としており、物流施設に約80%、商業施設が約20%の比率となっています。

大和ハウスがスポンサーということもあり、ネームバリューもスポンサーとして文句なしだと思います。

単位第12期第13期第14期第15期
決算年月2014年2014年2015年2015年
2月8月2月8月
営業収益(百万円)4,1534,9285,1466,305
営業利益(百万円)2,3212,8533,0033,683
経常利益(百万円)1,9602,3592,5462,972
当期純利益(百万円)1,9592,3592,5452,971
総資産額(百万円)131,509163,088166,825216,936
純資産額(百万円)61,34080,40780,593108,430
1口当たり純資産額(円)250,288273,979274,614309,183
1口当たり分配金額(円)15,9928,0398,6748,473

平成26年3月に株式分割を行っています。1口あたりの純資産額も増加傾向にあり、分配金も安定しています。資産規模も拡大してきており、今後も期待のできる銘柄だと思います。決算が2月、8月なので分配金が支払われるのは5月と11月になります。

J-REITのいいところは本当に分配金が安定しているところです。なので自分のポートフォリオからの配当金の収益の計算が立つ点は本当に助かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
J-REIT
スポンサーリンク
noriをフォローする
Kabuで配当金を稼ぐ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました