産業ファンド投資法人について

J-REIT

産業ファンド投資法人の特徴

産業ファンド投資法人(証券コード3249)は三菱商事が出資する三菱商事ユービーエスリアルティが運営する投資法人で2007年10月に上場しました。特徴としては、首都圏を中心に物流施設をメインに投資・運営しておりJ-REIT銘柄の中でも物流施設などを投資対象としたパイオニア的存在です。資産・分配金についても順調に拡大しており、三菱商事のスポンサー力のすごさが伝わってきます。また、三菱商事ユービーエスリアルティは商業施設をメインに投資している日本リテールファンド投資法人も運営しています。

物流施設はネット通販の売上規模の拡大から需要の拡大が続いており、産業ファンドの資産価値の上昇と安定した賃料により安定した分配金を実現していると思います。物流施設を投資対象とした銘柄は、日本ロジスティクスファンド投資法人、GLP投資法人、日本プロロジス投資法人、ラサールロジポート投資法人などが挙げられますが実績のある分、産業ファンド投資法人は、投資対象として魅力的だと思います。

単位第12期第13期第14期第15期第16期
決算年月2013年2013年2014年2014年2015年
6月12月6月12月6月
営業収益(百万円)5,7916,0376,5766,7757,357
営業利益(百万円)3,2353,3083,6403,7044,036
経常利益(百万円)2,4482,5102,7332,8003,102
当期純利益(百万円)2,4472,5092,7502,7993,101
総資産額(百万円)175,196175,150190,840190,852214,877
純資産額(百万円)74,86074,82782,00482,00193,677
1口当たり純資産額(円)478,552478,341495,397247,690265,703
1口当たり分配金額(円)2,4472,5092,7502,7993,101

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
J-REIT
スポンサーリンク
noriをフォローする
Kabuで配当金を稼ぐ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました